Home : Units : 38th Air Defense Artillery Brigade : Commander

COLONEL MATTHEW DALTON
Commander, 38th Air Defense Artillery Brigade

COL Matthew Dalton

Colonel Matthew Dalton, a native of Portland, Connecticut, graduated with a bachelor’s degree in psychology from Norwich University in Northfield, Vermont, in 1996 and commissioned through ROTC into the Air Defense Artillery Corps.

Colonel Dalton’s education also includes a master’s degree in national security and strategic studies from Army War College and the Naval War College, and a master’s degree in leadership from the University of Texas, El Paso. His military education includes Air Defense Artillery Officer Basic Course, Joint Firepower Control Course, Air Defense Artillery Officer Advanced Course, Combined Arms and Services Staff School, Advanced Military Transition Team, Naval War College, Command and Staff, and Joint and Combined Warfighting School.

The colonel’s initial assignment was with the 2nd Squadron, 11th Armored Cavalry Regiment, Fort Irwin, California, as an Air Defense Artillery platoon leader and later as a fire support officer. Upon graduating the Air Defense Artillery Officer Advanced Course in 2001 at Fort Bliss, Texas, he served as commander of Battery A, 5th Battalion, 5th Air Defense Artillery Regiment, at Camp Casey, Republic of Korea. He returned to Fort Bliss to serve as the Captain’s Career Course chief and instructor, Headquarters and Headquarters Battery, 6th Air Defense Artillery Brigade, from 2003 to 2005.

In 2006, he deployed to Baghdad, Iraq, where he served as the S3/executive officer advisor for the Military Transition Team, Multinational Corps. He returned to Fort Bliss in 2007 to serve as a Directorate or Training and Doctrine staff officer, and in 2008 served as the battalion S3 of 1st Battalion, 43rd Air Defense Artillery Regiment, deploying to Qatar/Kuwait from 2009 to 2010. He again returned to Fort Bliss to serve as the S3 for 11th Air Defense Artillery Brigade.

Upon graduating from the Naval War College in 2012, the colonel served as division chief, Iran Division, Middle East/Africa Regional Center, Defense Intelligence Agency, District of Columbia, North and West Africa, Libya analyst. He later served as battalion commander of 3rd Battalion, 2nd Air Defense Artillery Regiment, at Fort Sill, Oklahoma, then in United Arab Emirates/Jordan from 2015 to 2017, and later as the G3 for 94th Army Air and Missile Defense Command at Fort Shafter, Hawaii, from 2018 to 2020. He assumed his present duties at Sagami General Depot July 10, 2020.

Colonel Dalton deployed in support of Operation IRAQI FREEDOM, Operation ENDURING FREEDOM, and Operation INHERENT RESOLVE/SPARTAN SHIELD.

His awards and decorations include the Bronze Star Medal with one oak leaf cluster, Purple Heart, Defense Meritorious Service Medal, Meritorious Service Medal with five oak leaf clusters, Army Commendation Medal with one oak leaf cluster, Air Force Commendation Medal, Army Achievement Medal with one oak leaf cluster, Iraqi Campaign Medal, Global War on Terror Expeditionary Medal, Global War on Terror Service Medal, Korea Defense Service Medal, Army Service Ribbon, Overseas Service Ribbon, and National Defense Service Medal. He also holds the Combat Action Badge and Basic Parachute Badge.

マシュー・ダルトン大佐
第38防空砲兵旅団 旅団長

米国コネチカット州ポートランド市育ちのマシュー・ダルトン大佐は、1996年にバーモント州ノースフィールド市のローウィッチ大学を卒業、米陸軍予備役将校訓練課程 (ROTC) 防空砲兵部門に任官しました。

学歴は、米陸軍戦略大学 (2018年) 及び米海軍大学 (2012年) より国家安全保障・戦略学修士号を、またリーダーシップ学修士号をテキサス大学エルパソ校 (2005年) より授与され、心理学学士号をノーウィッチ大学 (1996年) より取得しています。軍事教育としては、防空砲兵将校基礎課程、統合火力統制課程、防空砲兵将校上級課程、諸職種協同幕僚学校、高等軍事移行チーム、海軍大学指揮幕僚課程、統合・諸職種戦闘学校が含まれます。

ダルトン大佐の最初の任務は、米国カリフォルニア州フォート・アーウィン第11騎兵連隊第2大隊防空砲兵中隊小隊長、その後火力支援将校でした。2001年に米国テキサス州フォート・ブリスで防空砲兵将校上級課程修了後、韓国キャンプ・ケーシーの第5防空砲兵連隊第5大隊A中隊長としての任に就きました。そして米国テキサス州フォート・ブリスに戻り、2003年から2005年の間、第6防空砲兵旅団本部及び本部中隊大尉課程主任・教官としての任に就きました。

2006年には多国籍軍団 軍事移行チーム第3科・副長補佐としてイラク・バグダッドに派遣されております。2007年に米国テキサス州フォート・ブリスに訓練教義部リーダー育成幕僚として戻りました。2008年には第43防空砲兵連隊第1大隊第3科長となり、2009年から2010年にかけクウェート・カタールに派遣されております。その後米国テキサス州フォート・ブリスに戻り、第11防空砲兵旅団第3科長の任に就きました。

2012年に米海軍大学卒業後、ダルトン大佐は米ワシントンDCにおいて、国防情報局 (DIA) 中東・アフリカ地域センターイラン課長、北部・西部アフリカ部門長、リビア担当分析官の任に就きました。その後2015年から2017年にかけては、米国オクラホマ州フォート・シル第2防空砲兵連隊第3大隊長として、アラブ首長国連邦・ヨルダンに派遣されております。2018年から2020年にかけては、米国ハワイ州ヒッカム空軍基地第94陸軍防空ミサイル防衛コマンド第3部長の任に就いておりました。

ダルトン大佐は、イラクの自由作戦、不朽の自由作戦、生来の決意・スパルタンシールド作戦に派遣されています。

ダルトン大佐はこれまでに、青銅星章 (2回)、名誉戦傷章、国防功績勲章、功績勲章 (6回)、陸軍功労章 (2回)、空軍功労章、陸軍任務遂行章 (2回)、イラク会戦記章、対テロ世界戦争外征章、対テロ世界戦争従軍記章、韓国防衛従軍記章、陸軍従軍記章、海外従軍記章、国防従軍記章、戦闘行動記章、基礎空挺記章を受章しております。