Home : About Us : Commanding General

MAJOR GENERAL JOEL B. (JB) VOWELL
Commander, United States Army Japan

MG Joel B. Vowell

Major General Joel “JB” Vowell grew up an Army brat and received his commission as an Infantry officer upon graduation from the University of Alabama in 1991. During his career, he has been stationed in Europe, Pacific, Middle East, and many posts across the United States. He has served on operational assignments to Egypt and on hurricane relief operations in the U.S., and served three combat tours in Afghanistan and one in Iraq, including the surge campaigns in both countries. His commands include 2nd Battalion, 327th Infantry Regiment (Air Assault) “No Slack” and the 3rd Brigade Combat Team (Air Assault) “Rakkasans” of the 101st Airborne Division at Fort Campbell, Kentucky.

He was a War College Fellow at Stanford University in 2012 and an Army Chief of Staff’s Senior Fellow to the Brookings Institution in 2016. He most recently served as the Deputy Commanding General-Operations for the 25th Infantry Division and Deputy Strategic Planning and Policy directorate (J-5), U.S. Indo-Pacific Command. He assumed his present duties June 25, 2021.

Major General Vowell is a Category 2 USA Cycling Road Racer and a member of the CoreTechs Masters Team, Portola Valley, California, along with being the 2018 and 2019 Hawaii State Masters Champion.

米国陸軍少将ジョエル B.ヴァウル

在日米陸軍司令官

ジョエル(ジェイビー)ヴァウル少将は陸軍の家系出身で、1991年にアラバマ大学を卒業した後、歩兵将校として入隊しました。ヨーロッパ、太平洋、中東地域での勤務経験を持ち、アメリカ本国でも多くの基地で勤務しました。また、エジプトへの派遣、アメリカ国内でのハリケーン災害派遣の経験があり、アフガニスタンに3回、イラクには1回派遣され両国で戦闘作戦に従事しています。指揮官としては、ケンタッキー州フォートキャンベル所在の第101空挺師団第3旅団戦闘団(愛称:ラッカサン)旅団長、及び第327歩兵連隊(空中強襲)(愛称:ノー・スラック)第2大隊大隊長などを歴任しています。

2012年に陸軍戦略大学フェローとしてスタンフォード大学、2016年に陸軍参謀総長シニアフェローとしてブルッキングス研究所へ出向しています。直近では第25歩兵師団副師団長(作戦)、インド太平洋コマンド戦略計画政策部(J-5)副部長を務めました。

現職には2021年6月25日に着任しました。

ヴァウル少将は米国自転車連盟カテゴリー2のロードレーサーであり、カリフォルニア州ポートラバレーを拠点とするコアテックマスターズチームに所属しています。また、2018年及び2019年のハワイ州マスターズチャンピオンでもあります。