Home : About Us : Commanding General

MAJOR GENERAL VIET X. LUONG
Commander, United States Army Japan

MG Viet X. Luong

Major General Viet Luong emigrated from Vietnam with his family to the United States in1975 as a political refugee. He is a graduate of the University of Southern California.

General Luong has commanded at the rifle platoon to flag level. His operational assignments include commander, A Company, 2nd Battalion, 325th Airborne Infantry Regiment, 82nd Airborne Division, OPERATION UPHOLD DEMOCRACY (Haiti); battalion operations officer, 1st Battalion, 508th Parachute Infantry Regiment, 173nd Airborne Brigade, OPERATION JOINT GUARD (Kosovo); commander, 2nd Battalion, 505th Parachute Infantry Regiment, 82nd Airborne Division, OPERATION AMERICAN ASSIST (Hurricane Katrina Relief); and OPERATION IRAQI FREEDOM 06-08 (Samarra, Iraq). He also served as commander, 3rd Brigade Combat Team (Rakkasan), 101st Airborne Division (Air Assault), OPERATION ENDURING FREEDOM 10-11 (Regional Command-East, Afghanistan); and commanding general, Train, Advise, Assist Command-South (TAAC-S) and Combined Joint Task Force (CJTF-1), OPERATION FREEDOM'S SENTINEL/NATO RESOLUTE SUPPORT, Kandahar, Afghanistan. He assumed his present duties on August 28, 2018.

Major General Luong holds a bachelor’s degree in biology from the University of Southern California and a Master of Military Arts and Science from the Army Command and General Staff College. In 2012, he attended Stanford University as a National Security Fellow, where he focused on U.S.-China policy under the tutelage of former Secretary of Defense, Dr. William Perry.

In addition to his military awards and recognitions, the general is a recipient of the 2010 Daughters of the American Revolution's Americanism Medal and 2016 Andrew Carnegie Great Immigrant.

米国陸軍少将ヴィエット・X・ルオン
在日米陸軍 司令官

ヴィエット・ルオン少将は、1975年家族と共に政治難民としてベトナムから米国へ移住しました。

少将はこれまで、小銃小隊から将官級部隊まで様々な部隊で指揮を執ってきました。これまでの作戦支援経験は、第82空挺師団第325空挺歩兵連隊第2大隊A中隊長として参加した「アップホールド・デモクラシー作戦」(ハイチ)、第173空挺旅団第508落下傘歩兵連隊第1大隊作戦将校として参加した「ジョイント・ガード作戦」(コソボ)、第82空挺師団第505落下傘歩兵連隊第2大隊長として参加したハリケーンカトリーナ災害派遣「アメリカンアシスト作戦」(米国)や「イラクの自由作戦」(イラクのサマラ)などがあります。更に、第101空挺師団第3旅団戦闘団(通称:ラッカサンズ)長としては「不朽の自由作戦」(アフガニスタン)、また訓練助言支援コマンド-南部(TAAC-S)及び統連合任務部隊(CJTF-1)司令官としてNATOの「確固たる支援任務/自由の番人作戦」(アフガニスタン・カンダハール)に参加しています。

現職には2018年8月28日に着任しました。

これまでの学歴としては、南カリフォルニア大学で生物学の学士号を、また陸軍指揮幕僚大学で軍事学の修士号をそれぞれ取得しており、2012年には国家安全保障特別研究員としてスタンフォード大学に入学し、前国防長官ウィリアム・ペリー博士の指導の下で米中政策を中心に研究を行いました。

数々の表彰経歴に加え、ルオン少将は団体「アメリカ革命の娘たち」から2010年アメリカニズム章を受章、更にアンドリュー・カーネギー「偉大なる移民」賞を受賞しています。